Linuxサーバー構築~その1~

<はじめに>
Linuxでサーバー構築を行う様を記録していきます。

下記の4つの役割を実装することを目標にすすめます。
・ドメインコントローラー
・ファイルサーバー
DNSサーバー
・バージョン管理サーバー


<作業内容>
まずはOSのインストールを行います。

今回構築するのはCentOS6.4です。

最終的にはHP ProLiant MicroServerに構築しますが、

今回は検証も兼ねてWindows7上のVirtualBoxにインストールします。

インストールの時に注意するのは2点です。


□ネットワークの詳細

f:id:nomurabbit:20131207010749p:plain

上の画像の「自動接続する」のチェックはデフォルトで入っていません。

このチェックが入っていないとOS起動後に手動でNICを有効にしないといけません。


□パーティションの分割

f:id:nomurabbit:20131207012044p:plain

今回は上の画像のように分割しました。

ファイルサーバーの割に /home が少ないのは

ホストOSのHDDの空き容量がわずかな故です。 ^^;

実際このあたりは自由に分割しちゃっていいと思います。

注意点として、基本パーティションは最大4つまでしか分割できません。

/ や 特に /boot なんかは基本パーティションに割り当てないといけません。

/home や /var なんかは拡張パーティションに割り当ててもおkです。


引き続きMinimalでインストールを続けて、

必要なものは随時インストールすることにします。


OSのインストールが無事に済んだら作業用のユーザーを作ります。

コマンドは下記。

# adduser <ユーザー名>
# passwd <ユーザー名>

本来ならこの時点でグループも決めた方がいいかもしれません。

今のところユーザーはroot、作業用、ファイルサーバー用の3つなので、

グループはスルーして進めます。

次に作業用のユーザーにsudo権限を付与します。

# visudo
//------------------------------------------------------
/etc/sudoers

# Arrows root to run any commands anywhere
<ユーザー名> ALL=(ALL) ALL // 追加
//------------------------------------------------------

これで、先ほど作ったユーザーで sudo コマンドが利用できるようになります。


さて、インストールの際にネットワークの自動接続に

チェックをしなかった場合はNICを有効にしないといけません。

まずは設定ファイルを編集します。

//------------------------------------------------------
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
HWADDR=FF:FF:FF:FF:FF:FF
TYPE=Ethernet
UUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
ONBOOT=yes // ここをyesにすることで、起動時にNICが有効になるようです。
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=xxx.xxx.xxx.xxx // IPアドレスを指定します。
NETMASK=xxx.xxx.xxx.xxx // サブネットマスクを指定します。
GATEWAY=xxx.xxx.xxx.xxx // ゲートウェイを指定します。
//------------------------------------------------------

次にNICを有効にします。

#ifdown eth0 // eth0の無効化
#ifup eth0 // eth0の有効化

ついでにDNSサーバーも指定します。

//------------------------------------------------------
/etc/resolv.conf

nameserver xxx.xxx.xxx.xxx
//------------------------------------------------------


一通り設定し終わったら確認です。

ネットワークの設定は下記のコマンドで確認します。

#ifconfig // ネットワークの情報

#nslookup // DNSサーバーの情報

#traceroute // ルーティングの情報

#tracepath // ルーティングの情報

この時点ではnslookupとtracerouteはインストールされていないので、

後ほどパッケージをインストールしたときに確認します。


<まとめ>
この回ではOSのインストールとユーザーの作成、ネットワークの設定を実施しました。

次回はyumのリポジトリと浮いてるプロセスなんかを確認します。

また、次回以降必要なパッケージやサーバーをインストールしていきます。