Linuxサーバー構築~その3~

<はじめに>
Linuxサーバー構築シリーズその3です。

Linuxサーバー構築シリーズその2の訂正
・ghcはyumでインストールせずに、ghc7.6.3とhaslkell-platformを
 ソースからインストールします。
httpdをyumでインストールしました。
 configの設定は次回以降で書きます。

<実施内容>
さて、今回はghcとhaskell-platformをインストールします。

haskell-platformにはghcが含まれるようなのですが…

とりあえず、先にインストールを試みます。

// ダウンロード
sudo wget http://www.haskell.org/platform/download/2013.2.0.0/haskell-platform-2013.2.0.0.tar.gz

// チェックサムの確認
sha1sum haskell-platform-2013.2.0.0.tar.gz

// 展開
tar xvzf haskell-platform-2013.2.0.0.tar.gz

と、ここでREADMEの中を見てみると…

f:id:nomurabbit:20131211233312p:plain

どうもghc7.6.3が必要みたいですね。

そこで、ghcのダウンロードサイトを確認すると

最新版(2013年12月11日時点)が7.6.3でしたので、これをインストールします。

// ダウンロード
sudo wget http://www.haskell.org/ghc/dist/7.6.3/ghc-7.6.3-x86_64-unknown-linux.tar.bz2

// 展開
tar xvfj haskell-platform-2013.2.0.0.tar.gz

// .configureの実行
./configure --prefix=/usr/local/haskell/ghc/7.6.3

// インストール
sudo make install

これで、ghcのインストールは無事に完了したはずです。

いざ、haskell-platformのインストール!…と、いきたいことろですが

このままだとgmplibが無えよ!って怒られます。

さらにzlibも無えよ!って怒られます。

ついでにOpenGLのライブラリが無えよ!とも怒られるみたいです。

それらのライブラリをインストールします。

// gmpのインストール
sudo wget https://ftp.gnu.org/gnu/gmp/gmp-5.1.3.tar.bz2

tar xjvf gmp-5.1.3.tar.bz2

./configure

make

make check

sudo make install

// /etc/ld.so.confの編集
>include ld.so.conf.d/*.conf
>
>/usr/lib
>/usr/local/lib

sudo ldconfig

// zlibのインストール
sudo wget http://zlib.net/zlib-1.2.8.tar.gz

tar zxvf zlib-1.2.8.tar.gz

./configure

make

sudo make install

// freeglut-develのインストール
sudo yum -y install freeglut-devel

これでようやくhaskell-platformがインストールできます。

// haskell-platformのインストール
./configure --prefix=/usr/local/haskell/haskell-platform/2013.2.0.0

make 

sudo make install

// cabalのupdateもしておきます
cabal update

<まとめ>
今回でghcが使えるようになりました。

次回はiptablesやApacheのあたりを設定していく予定です。

<参考>
http://takuya71.hatenablog.com/entry/2013/02/04/000022

http://neetmenblog.blog116.fc2.com/blog-entry-9.html