Linux環境構築(CentOS5.11)~その1~

<はじめに>
Linuxの環境構築を行う様を記録していきます。

CentOS6.4を使った『Linuxサーバー構築シリーズ』を約1年間放置しておりますが…、

それはそれとして、今回はCentOS5.11を使った環境構築シリーズです。

CentOSにもたせる役割は特に決めていません。

<作業内容>
まずはOSのインストールを行います。

今回構築するのはCentOS5.11です。

ハードウェアは約10年前のdynabookです。スペックは下記の通り。

  • CPU :CeleronM(1.4GHz)
  • メモリ :256MB
  • HDD :40GB


パーティションの分割はだいたい下記の通り。

  • / :1G
  • /boot :100M
  • /tmp :100M
  • /home :16G
  • /var :10G
  • /usr :5G
  • /usr/local:5G

OSのインストール時に6.4のときにあったような『Minimal』とかの指定はありません。

インストールが必要なソフトウェアは個別に指定する(チェックを入れる)必要があります。

今回このタイミングで必要なソフトウェアはありませんので、

チェックをすべて外してインストールを進め完了します。

<まとめ>
インストール自体は特に問題なく完了すると思います。

実際にログインしみると、いろいろ足りません。

次回以降、環境を整えていきます。