Linux環境構築(CentOS5.11)~その2~

<はじめに>
Linux環境構築シリーズ(CentOS5編)その2です。


<作業内容>
yumリポジトリ理研のサーバーに変更します。
変更するファイルは下記の通り。

・/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

変更する内容としては『baseurl』の
『mirror.centos.org』ってところを
ftp.riken.jp~』という具合に5か所程。


変更が終わったらひとまず管理者権限でyum updateを実施します。


ユーザーをひとつ作成してsudoをインストールし、
作成したユーザーにvisudoで権限を割り当てます。
ちなみにvisudoは/usr/sbin/visudoにあります。


次に、コンパイラをインストールします。
現時点で必要かどうかはわかりませんが、
いずれ必要になると思うのでベタですがgccをインストールしてみました。


きっとWebサイトを作るとテンションもあがるので、
httpdperlもインストールします。
yumで入れたらhttpdは2.2がインストールされました。
perlはすでに5.8がインストール済みでした。


httpdをOS起動時に立ち上げたいので
chkconfigを使って/etc/rc3.dにシンボリックリンクを作成しておきます。


ここでふと思い立って/var/logを覗いてみると、
yum.logに興味がわいてきたので、
とりあえずyumでインストール、アップデート等した
各ソフトウェアの状況をWebで見れるようなプログラムでも書いてみることにします。


<まとめ>
いつになるかはわかりませんが、
次回以降、少しずつ進めていきたいと思います。