nomurabbitのブログ

【AWS】Lambdaで理想気体の状態方程式を計算してみた【C#】

こんにちは!nomurabbitです。
今回は、理想気体の状態方程式
C#のLambdaで取得してみます。

気体の性質を表す方程式だね!

テンプレートの準備

まず、Lambdaのテンプレートを準備します。

.NET Core3.1のテンプレートは、
この記事この記事を参考にしてください。

ソースコード

今回は単純な理想気体の状態方程式の演算です。
ソースコードのポイントは下記の通りです。

public GlbResponseBody GetAction(GlbRequestBody glbRequestBody)
{
    try
    {
        string argPressure   = glbRequestBody.Pressure;
        string argVokume     = glbRequestBody.Volume;
        string argTemprtures = glbRequestBody.Temperture;

        GlbResponseBody glbResponseBody = new GlbResponseBody();

        glbResponseBody.Message = "I'm trying calculation.";

        // calc ideal gas raw
        glbResponseBody.Mol = ((double.Parse(argPressure) * double.Parse(argVokume)) / (GlbUtil.R * double.Parse(argVokume))).ToString("F2");

        return glbResponseBody;
    }
    catch (System.Exception e)
    {
        throw e;
    }
}

GitHubソースコードを載せていますので、
よろしければ参考にしてください。

github.com

参考までに、状態方程式と圧力、体積、温度の単位は
それぞれこんな感じです。

  • 圧力(Pa
  • 温度(K)
  • 体積(L)

圧力、温度、体積をリクエストに入れて渡すと、
体積をmol数に変換してレスポンスで返すプログラムです。

以上で理想気体の状態方程式
C#のLambdaでで書くことができると思います。

よかったら試してみてください。
では!